Share →

RRS-PiAdobe Flashを使用するWebアプリケーションです。アドビ社は202012月に同社が提供しているFlash Playerの提供を終了すると予告しています。これにともないWebブラウザー各社もサポートの中止を宣言しております。本件については弊社も承知しておりますが、RRS-Piをご利用中のオーナー様には、以下について対策をお願いしております。

Webブラウザ・Flash Playerのバックアップ

202012月にFlash Player のダウンロードができなくなります。また、Flash Playerの 提供終了と同時期に各ブラウザーに於ける拡張機能の制限付加(Flash Playerが使えなくなる)などが予想されます。Flash Playerが利用可能な従前バージョンのブラウザを自動更新せずに温存して頂く事でRRS-Piを継続してご利用頂けます。ご自身で従前バージョンのブラウザ及びFlash Playerのインストーラープログラムをバックアップされることをお奨めします。「バックアップ方法」などについてのお問い合わせにはお応えできませんので、ご了承下さい。尚、今後リリースされる基本ソフトやアップデートの影響により、従前のブラウザやFlash Playerそのものが使用できなくなる可能性がございます。これらにつきましても、従前PC環境の維持についてオーナー様ご自身で対策して頂く必要がございますこと、何卒ご理解ください。

セキュリティリスクについて

従前バージョンのブラウザを一般のWebサイト閲覧に使用することにつきましては、セキュリティ上のリスクが高まる恐れがございます。RRS-Piはログインを必要とする閉鎖環境のため、これらのリスクは極めて低く、プログラム自体の管理者権限も公開しておりません。従いまして、通常使用するWebブラウザとRRS-Piに使用するブラウザを分けることで、セキュリティのリスクは著しく低下します。但し、Adobe Flash Playerを使用し続けることで被る事象について、弊社は一切の責任を負いかねますことご理解ください。

管理画面・HTML5 (スマートフォン)インターフェースについて

管理画面(/admin)はFlashを使用しておりませんので、Flash Palyer 提供終了後も問題無く使用可能です。また、スマートフォン専用インターフェースについては、HTML5により記述されているため従来通り使用可能です。

 

2019年8月27日(火)

TBHD株式会社

Translate »