無線機の修理実績を動画でご紹介します(直近 24 件を表示) 修理作業の詳細内容はチーフエンジニアの個人ブログに掲載しています。

只今お申し込みから 約 30日 営業日お待ち頂いております。

more をクリックすると以前の案件を表示します。           

修理内容によっては、動画撮影を割愛させて頂きます。

※社員個人のブログのため、無線機修理以外のコンテンツが含まれます。

受付→発送→修理→ご返却 の流れについて

    1. こちらのフォームからお申し込みください
    2. 受付の可否をご連絡します。
    3. ヤマト宅急便(元払い)でお送り頂きます。(着発送管理をヤマト運輸に委託)
    4. ご予算内で修理可能な場合には作業に入ります。ご予算を超過する場合にはご相談させて頂きます。
    5. 完了のご連絡とともに代金をご請求します。代金お支払い後の商品発送となります。
    6. 送料着払いにてご返送します。

注意事項については、受付後にお送りするメールに詳細記載しています。

工賃・修理費用の目安 

弊社では人日工数制(デイチャージ)を導入しています。(修理費用 = ”工数単価 × 工数” + 部品代

【参考工数】

作業内容 工数
・フルレストア作業 8.0人日〜15.0人日
・故障箇所が複数点在する修理、ケミコン全数交換など 3.5人日〜
・電源等の重整備、筐体分解をともなう作業など 3.0人日〜
・バックライト交換、ディスプレイブラックアウト修理、ファイナル交換、PLL調整など 1.5人日〜2.5人日
・故障箇所の特定に時間を要しない比較的に軽微な作業など 0.5人日〜1.5人日
・RJX-601 メンテナンス・パック(FMナロー化、CAL 51MHz化、AF、RF、IFチューニング及び指定箇所の半導体※ ・ケミコン交換※ など)※ 部品交換は必要な場合のみ実施 固定料金:20,000円
・IC-706シリーズ / FT-100 / FT-847等 50W化 改造パック(減力改造箇所証明書付き)  固定料金:35,000円
・御見積・診断のみの場合(修理不可の場合を含む) 0.5人日〜
・多芯シールドケーブル特注制作(ACCケーブル、マイク変換ケーブルなど) 7,000円〜
その他改造など 応相談

【工数単価】

種 別 工数単価
小型(FMモービル無線機、ポータブル・ハンディ無線機、ポータブルBCLラジオなど) 10,000円
中型(上記を除く単体重量15Kg未満の無線機・受信機、200W未満のリニアアンプなど) 15,000円
大型(単体重量15Kg以上20Kg未満の無線機、専用電源を要する無線機、真空管式無線機、200W(HF)もしくは 50W(V/U)以上のリニアアンプなど) 20,000円
特大(単体重量20Kg以上の無線機・500W以上のリニアアンプ、上記以外の機器) 25,000円
  • 受付時にも工数単価をお知らせします。
  • 1人日あたりの連続作業時間を6時間に定めておりますが、複数人で作業に当たる場合がございます。
  • パックメニューの場合、指定箇所を確認し異常なき場合には部品交換は実施しません。
  • 減力改造箇所証明書は、改造手順と施工後の状態を写真等で証明する書類です。保証機関による”認定”を確約するものではございません。
  • 1.5人日未満の軽微な作業、パックメニュー、バックライト交換については、YouTube動画の撮影を割愛させて頂きます。
  • 修理作業の有無にかかわらず、診断・御見積料をご負担頂いております。故障箇所の特定に多くの時間・労力を費やしますことご理解下さい。

お申し込みフォーム 修理約款 お断りするケース

納期について

 倉庫容量の関係で修理品入場日を予め指定させて頂いております。お申し込みの時期や機器種類によりますが、弊社に修理品が入場後、概ね1週間〜4週間程度で納品させて頂いております。但し交換部品が海外調達となる場合、作業待機期間が一ヶ月以上になる場合もございます。また、大型連休・夏休み・年末年始の前後2週間は作業が込み合いますため、時期をずらしてお申し込み頂きます様、ご協力をお願いします。

部品持込について

 補修用部品の調達を指定サプライヤーに限定して実施しています。その為、お客様個人で調達された方が納期・コスト面で優位になるケースもございます。また、旧型真空管式無線機のQRO改造に使用する部材についても全部材 個別調達となりますため、メーカー純正のQROキットよりも割高となる傾向が否めません。この様な場合、“部品持込”による修理もお受けしております。但し施工後の動作保証はできませんのでご理解下さい。また、ファイナル段用のトランジスタ・FETなどは、特性選別部品(マッチドペア)を使用しませんと、本来の性能が出ません。中国製のコピー半導体も数多く出回っておりますので、十分ご注意ください。

修理品不可品の買取査定について

 使用不可能な個体でも部品提供用ドナー個体として活用できる場合がございます。買取処分をご希望されるお客様には、診断料相当額を買取上限金額として“買取価格”をご提示申し上げます。(ご請求金額内で相殺)個体の状態や需要などから買取金額をご呈示できない(ゼロ査定)場合もございますことご理解下さい。

保証期間終了後の定期検査・再修理もお任せ下さい

 同一箇所の修理、定期点検のアフターサービスも承ります。前回工数2.0人日以上の作業で “1ヶ月保証期間”が経過後、納品から1年未満の場合は1.0人日、納品から1年以上2年未満の場合は0.5人日分の工賃をお値引きさせて頂きます。(部品代はご負担ください)

 “納品から2年以上経過”“他の箇所の故障による不具合再発の場合” には 新規修理となります。また、再修理のお申し込み時点で部品調達が困難な場合には、お引き受けできない場合もございます。 

 お申し込みフォームのプロモーションコード欄に該当作業の受注番号(請求書番号)をご記入の上お申し込み下さい。受注番号(請求書番号)は工事証明書(ご請求書)に記載しています。   ※ 受注番号はお問い合わせ頂いてもお答えできません。

お支払い方法

 作業終了後にご請求書(PDF)をメールでお送りします。以下の方法でお支払い下さい。尚、御見積金額が10万円を超える場合には事前のお支払いをお願いする場合がございます。

①銀行口座にお振り込み (当社指定口座:りそな銀行 )
②クレジットカード(PayPal)  ご請求時にPayPalよりお客様のアドレス宛に決済手続きのご案内が送信されます。
ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行取扱カードは次の通りです。

 JCB・VISA・MASTER・AMEX・Discover / Diner’s Club ※

 ※ Discover / Diner’s Clubカード は米ドル換算での決済となります。

お申し込みフォーム 修理約款 お断りするケース

法人様向けサービス

 販売店様の無線機修理・受託業務を請負います。お気軽にご相談ください

Translate »