アマチュア無線機・BCLラジオの修理はこちら・・・

Xiegu X6100 の第三回共同購入募集(再開見込み)

 XIEGU X6100 日本版FW搭載機 について、第三回目の共同購入プロジェクトの実施について検討中です。
 詳細が決まり次第、当サイトにて告知します。
 また、本機について” CQ ham radio QEX No.44″ に10ページに渡る読者レポートが掲載されています。

領収書発行・ご請求書郵送の廃止について

 領収書発行・ご請求書郵送については全て廃止させて頂きます。
 経費等の支払証明には銀行振込の記録(電子取引明細・預金通帳)カード明細書をご利用ください。
 ご請求書はメール添付のPDFにてお送りします。(インボイス導入予定)

エンジニア募集中

 当社では、業務用無線機(主に航空機局、船舶局、船舶基地局)、アマチュア無線機の修理に在宅で従事頂ける技術者を通年募集しています。詳しくはこちらをご覧下さい

動画で仕上がりをご確認頂けます

JE1ICU 局による X6100 使用インプレッション

局免申請編(保証認定:TSS)

 

最軽量のHF/50MHz SDR コンパクト トランシーバー

正規品にシリアル番号を添付


イチオシのパックメニューです。

スプリアス測定サービス開始

 従来、修理作業完了時のオプションとしてご提供していましたが、スプリアス測定を単体でお受けするサービスを開始しました。JARD、TSS、TELEC等、認証機関から提出を求められる諸元、測定範囲などを事前にご確認の上、修理ご依頼フォームからお申し込みください。
 (料金表)

元祖 ! RJX-601 メンテナンスパック 20,000円(税別)

ロクマルイチのAM変調は格別! 200台以上の作業実績があります。FMナロー化、CAL 51.000MHz 、精密トラッキング、適宜修理、外装塗装(オプション)など、この先10年使える一台に仕上げます。

IC-706  /  FT-847  50W化 パック 35,000円(税別)

ベストセラー機も100W機のままでは新スプリアス基準に不適合となりました。確認保証用改造箇所証明書類一式(PDF)をお付けします。総合調整込みでのご提供です。

FT-1000MP / Mark V / JST-145 / JST-245 バックライト修理パック 45,000円(税別)

真っ暗になったLCDバックライトを修理します。他社ではサーマルヒューズを割愛(短絡)させていますが、インバーター発振部のTRを熱結合(動作安定)させるために重要な部品です。弊社では補修部品を常時在庫して対応します。上記以外の機種については対応できる可能性がございます。ご相談ください。

FT-1000MP / Mark V / JST-145 / JST-245 バックライトLED化 パック 65,000円(税別)

インバーター故障ではなく、冷陰極管(蛍光管)が故障すると交換修理はできません。 諦めないで!! バックライトを フルLED化してしまう手があります。輝度もアップするので一石二鳥。こちらも弊社自慢のメニューです。


高いご評価を頂いた案件をご紹介しています。(毎月更新)

2022年4月 完成納品 Mark V FT-1000MP

受信リレートラブルに起因するRFユニット焼損、水銀リレー代替交換修理を行いました。
送信波200Wが受信回路を直撃し、TUユニットの水銀リレー代替交換、ATT回路のリードリレー×2撤去、
PCB炭化部切除などを実施しました。入場時、RFユニット電源回路が完全に短絡し電源すら入りませんでした。
水銀リレーは部品自体が20年前にディスコンしているため、高速応答するリードリレーによる代替交換です。
物理的サイズ(ピン配列を含む)に互換該当するリレーは存在しないため、
半田面にボンディングしてリードバイパスしました。送受とも正常復旧しています。


2022年3月 完成納品 アイコム IC-21

往年の名機 IC-21です。機器年齢50歳に届く144MHz固定無線機です。
瀕死状態の個体をフルオーバーホールしました。
入場時は送受信とも不可能でしたが、実用レベルに修復させて頂きました。
固定式チャンネルに145.00MHzが設定されていなかったので水晶を特注追加しました。


2022年2月 完成納品 日本無線 NRD-93

JRC の業務用受信機 NRD-93の修理を承りました。
弊社の得意とするJRC業務機の中でも特にオーダーの多いモデルです。
業務局からのオーバーホールご依頼です。


2022年1月 完成納品 スギヤマ F-850

杉山電気 F-850の(1980年製)の修理を承りました。
弊社初入場のモデルとなります。資料が少ないので少々心配でしたが、何とか修理完了することができました。
オーナー様にも大変ご満足頂いている様です。


2021年12月 完成納品  ヤエス FT-101ES

瀕死状態のリグでしたが、丁寧に作業させて頂き無事に全修完達となりました。
2021年最後の納品案件となりましたが、良い仕事で締めくくることができ、エンジニア一同「感謝・感謝」であります。


2021年11月 完成納品 ヤエス FRG-7

中波が全く聞こえてきません。ダイヤル式ですが実はPLL搭載の本機です。
アンロックすると少々厄介なことになりますね。なんとか修理完成できました。


2021年10月 完成納品 トリオ TS-820V

フルレストアを承りました。入場時多臓器不全的症状の修理ご用命でした。
外装(上蓋・底板・フロントパネル)もだいぶ痛んでおり、全塗装のオーダーを承りました。
約3ヶ月の修復作業の結果、ご覧の様に新品の輝きを取り戻しました。


2021年9月 完成納品 ソニー ICF-5800

スカイセンサーのフルオーバーホールです。
「電源は入るのに音が聞こえない!?」 中を弄っていたら突然音が鳴り出しました。
SPケーブルの断線を疑ったのですが、基板の半田劣化が原因だったみたいです。
この時代のソニーラジオもケミコン容量抜けが頻発しており、中容量以上を中心に交換させて頂きました。


2021年8月 完成納品 ケンウッド TM-833

外側のファンが回りません。ファンそのものが故障していました。
こちらは静音タイプのファンに交換しました。 バックライト4個を白色超高輝度LEDに換装しました。
1200MHz搭載のモービル機は希少価値が高く、人気がありますね。


2021年7月 完成納品 ナショナル RJX-601

過去に弊社で出場記録が残っているシリアル番号を持つ個体のオーバーホールでした。
別のオーナー様に引き取られ今に至る個体ですが、弊社のラベルが内部に残っていたため弊社にご相談頂いたとのことです。
弊社ではRJX-601、RJX-610、RJX-661、RJX-1011など、往年のナショナル機を特に得意としております。